empirestate’s blog

主に政治について。

自由が行き過ぎると自由を滅ぼすという話

f:id:empirestate:20181105194251p:plain

古代ギリシャアテネは民主制の国でしたが、その住人には民主制に批判的な人々がいました。

アテネ人のプラトンは、「民主制が行き過ぎ、自由が行き過ぎると、民衆の扇動者が現れ、人々の欲望を煽り立てて自分の味方につけ、民意を背景にして権力者となる。そして彼が独裁者になってしまうので、行き過ぎた民主制は結局は独裁制になってしまう」と主張しました。そしてこれは彼自身の経験に基づいたものでした。
アリストテレスも「民主制の堕落した成れの果てと、独裁制は同一のもの」だと言っています。

そんなわけで、「自由が行き過ぎると、かえって自由が失われる」ということが古来から言われています。この理論は中世において王制を擁護する論拠の一つとなっていたようですが、またこの実例は実際の歴史にも表れています。
ヒトラームッソリーニも民衆を扇動することで権力を握りましたし、かつての共産主義の東側諸国で、人々が旧体制の支配者から解放されたはずなのに、新たな独裁に陥ってしまったのも同様だと言えるでしょう。

古代ローマで、共和制から帝制への道を開いたカエサルも、民衆の強い支持を受けていたと云います。
またこれは中国の歴史にも見出だせるでしょう。中国には古くから、政治は人民のためにあるという観念がありますし、中国の皇帝は極端な話、実力さえあれば誰でもなれるわけですから、ある意味自由で民主的にも思えますが、そうして出来上がった中国の帝制が、自由で民主的な社会をもたらしたわけではないことは言うまでもありません。

そんなわけで、「自由が行き過ぎるとかえって自由が失われる」という理論には正当性があると思いますが、しかし考えてみるとそれも当然のことです。

というのは、例えば一人の人が意のままに支配する、典型的な「独裁」体制というものを考えてみると、その独裁者自身は、誰にも制約されず意のままに人々を支配できるわけですから、彼自身はある意味で「自由」であるわけです。
しかしながら、他の人々にとっては、独裁者の恣意に従うことを強要されるわけですから、それはもちろん「自由」ではあり得ません。(さらに言えば、このような体制は独裁者自身にもなにがしかの不自由を強いることになるでしょうが)

なお、独裁制は必ずしも一人の人が支配するものではなく、多数者による独裁ということもあり得ます。

そんなわけで、自由主義(リベラリズム)の社会であっても、他人の権利を侵害する自由までは認められず、他人を尊重するべきこと、嘘をついてはいけないこと、公序良俗に反しないことなど、個人の自由には何らかの制限がかかっているのが普通です。

そしてこうした制限を一切取り払って、ただ自らの恣(ほしいまま)に振る舞おうとし、かえって他の全てのものを自らの恣意に従わせようとするならば、即ちそれが「独裁」の始めになるわけです。
客観的な事実よりも個人的な願望を優先する「ポスト真実」も、他人を利用するために嘘をつくことも、同じ考えに基づくものでしょう。

ですから、人権宣言などでも、単に人は「自由」であると言うだけではなく、また「平等」であるとも言っていますが、これは人々の間に平等がなければ、誰かが誰かを支配し虐げることになって、結局は自由そのものの否定になるからだと言うべきでしょう。各人が平等な権利を持っているからこそ、各人の権利が守られるわけです。そんなわけで、自由主義の社会でも、不当な差別は非難されることになります。


f:id:empirestate:20181105194500j:plain
ですから、「不寛容には不寛容であるべき」というカール・ポパーの「寛容のパラドックス」は有名ですが、これも実はパラドックス(矛盾)というべきものではないでしょう。
というのは、もし自由主義の社会で誰かが「私が独裁する自由を認めろ!」と主張し、それが受け入れられてしまったら、それは即ち自由主義そのものの否定になるからです。むしろ、その方がパラドックスだというべきでしょう。どんな社会も、何らかの理念に基づいて建てられているので、その基盤そのものを破壊するようなことは認められないのは自然なことです。


そんなわけで、人は自由なだけでなく、また平等でもあり、他者を尊重し他者の権利を守るべきであると見なされるわけですが、これは近代になって初めて言われだしたことではなく、実は古来からの道徳なのです。

古代の刑罰には、「目には目を、歯には歯を」と云われるような、いわゆる「同害報復」の刑罰がありますが、ここにはすでに「平等」に結び付いた「公正」の観念が表れています。同害報復自体は今では支持されないにしても、この観念は今にも生きていると言えるでしょう。
孔子は「自分がして欲しくないことは人にもしてはならない」と言っていますし、ブッダは「我と我が身に引き比べて、他の者を殺してはならない、害してはならない」と言っていますし、キリストは「自分がしてほしいと思うように、同じように人にもしなさい」と言っています。

そしてこのような倫理が人々の間で基本的な道徳として受け入れられてきたのは、ごく自然で正当なことでもあります。というのは、そうでなければ人々は共に生きていくことさえできないからです。そしてそうなれば、それは社会的な生き物である人の自然にもとることで、人間性の否定にもなりかねません。
ですからこの倫理も、人権と同じように人の自然にもとづき、自然法によるものだと言っていいでしょう。

そんなわけで、古今東西どんな社会でも、人を殺してはならない、姦淫してはならない、嘘をついてはならない、盗んではならないといった道徳が、少なくともその身内同士の間では存在します。このような倫理規範が存在しない社会を、私は寡聞にして知りません。

一方で、このような倫理規範を無視して、一切を自分の恣意に従わせようとする者は、古来から非難の的になってきました。
専制支配の続いた中国でも、民を虐げる君主は暴君として非難され、民をいたわる君主は名君として称賛されてきたのは、人は他者を尊重し他者に配慮すべきであるという倫理が、過酷な専制支配のもとにあっても、なお生きているからだと言えるでしょう。


ですから、あえて言いますが、「独裁制」の社会は、不自由で束縛の多い社会ではありますが、実はその根底にあるのは「行き過ぎた自由」であり、その社会は自分勝手さと不道徳によって支えられているのです。

一方で、「自由」が保証されている社会は、自由ではあっても、実はその根底にあるのは「公正」であり、その社会は仁義道徳によって支えられているのです。
(もっとも、道徳といってもそれは別に特別で非日常的なものではなく、人が共に生きていく上での基本的な道徳なのですが)

もちろんこれは、独裁制の社会に公正な人が存在しないという意味ではありませんし、自由な社会に不正な人が存在しないという意味でもありません。しかし独裁体制にあっては、人はたとえ公正であろうとしても、それを保つことは難しいでしょう。直接間接に、独裁体制に協力することを求められるわけですから。


さらに言えば、人はたとえ本質的には平等であるとしても、社会の中では、社会的な関係や個人的な資質の違いによって、多かれ少なかれ不平等な関係が生じてきます。それでもその格差が固定され、本質的な不平等になることがないようにするためには、平等な権利を守るための不断の努力が必要であり、上位者に対しても、常に自らの権利を守ろうとする勇気が必要です。

しかし、もし人がこうした抵抗をやめてしまい、不平等を甘んじて受け入れるようになるならば、いずれただ他人に従えられるだけの存在と化してしまうでしょう。そしてその行き着く先は、独裁者の下の臣民ということになります。


ですから、独裁制の社会は、自分勝手さと不道徳だけでなく、また柔弱と怠惰によって成り立つものであり、
一方で自由な社会は、公正だけでなく、また勇気と努力によって成り立つものでもあります。

もちろんこれもまた、独裁社会にあって勇敢な者が現れ、その体制に抵抗するようになることを否定するものではありません。しかしながら、このような独裁体制は、一度それが成立してしまうと、もはやそれを覆すことが非常に困難になってしまう。と思われます。それはサウジアラビアのジャーナリスト殺害や、中国の民主運動家への弾圧を見れば明らかです。
そして、一度このような独裁体制ができてしまうと、それを覆すためには、そうでない場合よりもずっと多くの勇気と努力と幸運とを必要とすることになるでしょう。

そんなわけで、誰かが言っていましたが、真に民主的で、自由で平等な社会は、実は非民主的な…というより、民主制以前の伝統的な倫理道徳にもとづくものだという考えは至当だと思う次第です。


ところで、私は以前の記事(リベラリズムの理念 http://empirestate.hatenablog.com/entry/2018/08/29/183048 )で、ファシズムの思想は「まず国が先にあり、それに奉仕するものとして人々を想定する」考え方だと言いました。そしてこの考え方では、権力者は人々の同意に基づかず一方的に人々を支配できるので、ファシズムは権力者にとっては都合のいい考え方である、とも。
ですから、独裁者になろうとする者が、ファシズムを好むのは自然なことでもあります。ファシズムはたとえそのものとしては必ずしも独裁制ではないとしても、権力者によって容易く利用されてしまうからです。

ところで、ファシズムの思想では「国」のほうが「人」より先に来るとしたら、その場合の「国」とは実際のところ、何を意味しているのでしょうか?それは人々の共同体というよりは、もっと別のものがその本質にあると思われます。

思うに、この場合の「国」というのは、人々の共同体というよりは、人々に優越し、人々を従えるための力である。要するに「権威」であり、「権力」である、と思われます。

国は人が集まってできるとはいえ、その人々はただ同じ場所に集まっているというだけではなく、「協働」しているわけですから、どんな国でも、人々を統合するための何らかの権威があります。
それは宗教であったり、君主であったり、伝統であったり、人種や民族であったり、「民意」であったりしますが、もしこのような権威を、誰かある人(もしくは人々)が独占して、恣意的に利用することを許すなら、その他の人々は容易くその支配下に入ってしまうでしょう。

ナチスの場合は「人種と民族」という権威を使って人々を支配し、共産主義の東側諸国では「民意」という権威を使って人々を支配し、大日本帝国の場合は「君主と宗教」と、恐らくは「伝統と人種民族」をも使って人々を支配してきたと思います。

独裁体制下では、人は自分より上位の者には服従させられ虐げられ、自分より下位の者は服従させて虐げる、ということになりがちなので、その中では人は、何とかして他人より優位に立とうと腐心することになります。
しかし誰かの部下ではあっても、何らかの理由で上司のお目こぼしをもらっているとか、上司の弱みを握って主導権を握っている場合には、人は上位者の制約を受けることなく上位者の権威を傘に着て、恣意的な権力を振るうことができるので、それを狙う人は、有能で干渉してくる上司よりは、物言わぬ暗愚な上司を好むということになります。
つまり、君主制下にしばしば見られる、暗愚な君主を立てて政治の実権は側近が握り、君主の権威を傘に着た側近が意のままに支配するという、いわゆる君側の奸です。

同じように、「国」という抽象的な観念は、いわば物言わぬ上司のように、権威はあっても、それ自体としては意志を持たないので、それを利用して他人を従えようと思う者がいても不思議ではありません。

ですから、私たちはそのような権威を認めはしても、その権威を誰かが独占して、恣意的に利用するようなことを許してはならないわけです。もし他人に従えられる身でありたくないならば。

声高に、自分は「国」を愛すると言い立てるような人は、実はその「国」を利用して、他人を支配しようとしているのかもしれないのです。