empirestate’s blog

主に政治…というよりは政治「思想」について書いています。あと読書感想文とか。

少女終末旅行

また読書感想文(漫画の)を書いていこうと思います。
今までは少女漫画ばかりだったので、たまには青年誌の作品でも紹介してみましょう。青年誌でも主人公が少女二人組だったりするのはアレですが、仕方ないね。

ところで、世の中には「廃墟マニア」と呼ばれる人々がいて、廃墟めぐりや廃墟の画像集めを楽しんでいるそうです。
たぶんそんな人に好かれそうな作品だなと思ったのがこちら。

少女終末旅行(全6巻)

少女終末旅行 コミック 全6巻

少女終末旅行 コミック 全6巻

舞台は未来の地球。人類がほとんど死に絶えてしまった世界で、広大な廃墟の中をケッテンクラート(軍用車の一種)に乗って旅する二人の少女の話。

人類のみならず他の生き物もほとんど存在しない世界で、かつては人々が住んでいた、あるいは人々に使われていたであろう遺構の中を延々と旅する世界観は、寂寥感と共に一種の自由さや感傷も感じさせて、何か「もののあわれ」を感じますね。

魚さんの話とか、写真の話とか、消えるプログラムの話とか…

命って、終わりがあるってことかも知れない…そうかもね。

ラスト辺りの階段を上っていくシーンは、何だか泣きそうになりました…


調べてみたら、作者はけっこう精神的に病んでる(病んでた)人らしいですが、画面からも気だるい感じが伝わってきますし、何となくわかる気はしますね。
作中の「絶望と仲良くなる」って台詞が何か印象的でした。

ちなみにアニメ化もされてますが、私は見たことはありません。
偏見だけど、アニメ化されたら何かポップになってしまって、原作の雰囲気が損なわれそうじゃない?そうでもないのかな…



あと他でもちょくちょく言われてますが、廃墟の中を孤独に旅する世界観は「BLAME!」にも似てますね。まあBLAME!に比べれば人が機械化されたりはしていない分、まだ人間味がある気もしますが…

BLAME!  (ブラム!) コミック 全10巻 完結セット (アフタヌーンKC)

BLAME! (ブラム!) コミック 全10巻 完結セット (アフタヌーンKC)