empirestate’s blog

主に政治…というよりは政治「思想」について書いています。あと読書感想文とか。

新しい国旗考えてみた

f:id:empirestate:20181013210855p:plain
以前の記事(http://empirestate.hatenablog.com/entry/2018/09/11/212327)でも書きましたが、私は日の丸(日章旗)がデザイン的にあまり好きではありません。旭日旗も微妙です。

何というか、白地に赤い丸だと、包帯の上の血のシミみたいに思えてしまうんですよね。
思想背景的にも、日章旗旭日旗は共和制よりは帝政を思わせるものだと思います。

別に太陽の印が嫌いというわけではないです。フィリピンの国旗は好きですし。

f:id:empirestate:20181013194241p:plain


バングラデシュの国旗もそこそこいいと思います。

f:id:empirestate:20181013194315p:plain


皇室が嫌いだというわけでもないです。菊の御紋は好きですし。

f:id:empirestate:20181013205147p:plain





しかし日の丸はやはりデザイン的に微妙なので、新しい国旗を考えてみました。

まず普通の日の丸ですが、これの色合いを加工してみます。

f:id:empirestate:20181013193946p:plain



f:id:empirestate:20181013194517p:plain


うん、悪くないかも。
色を反転させただけですが、だいぶ印象が変わりますね。

さらに加工。

f:id:empirestate:20181013194736p:plain

これでも良いかな。




さらに加工。

f:id:empirestate:20181013194806p:plain

丸を輪にしてみました。
古代の日本は「ワ」の国と云いましたし、これもいいかも。
(ちなみにワ(倭)というのは古代中国から呼ばれた蔑称だという説もありますが、字はともかく、「ワ」という発音は蔑称ではなく、日本自身に由来する言葉だと思います。それは「倭」が「和」と字を変えながらも、同じ発音で「日本」を表すものとして今に至るまで使われていることからも分かります。従来、この「ワ」とは一人称の「我」の意味であり、古代の日本人が中国人に対して自国を「我が国」と言ったことから、中国でもこう呼ばれるようになったとの説があります)



まあ「ワ」というのは語呂合わせですが、もっと真面目に、オリジナルのデザインも考えてみました。

f:id:empirestate:20181013200417p:plain


青地に8本の線を引いたデザイン。
(線と線の間隔は均等に近づけようとしましたが、実際には均等になっていません)

8本のラインは日本の8つの地方(北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州と沖縄)を表しています。
九州と沖縄は分けたほうがいいかも知れませんが、現在の地方区分の踏襲と、数を8に揃えるためにこうしました。


地方区分の他に、8という数は古代の日本では「たくさん」や「全体」を表す数なので、「複数からなる全体」「多様性と統一」を意識してこうしました。
(8がこの意味で使われている例は、「千代に八千代に」、「八千矛(やちほこ)」、「八十万(やそよろず)」、「八十神(やそがみ)」、「八尺(やさか)=長大な」、「八衢(やちまた)=道が多くに分かれているところ」などがあります)


赤線を加えてみたバージョン。ちょっと目に痛いかも。
f:id:empirestate:20181013202055p:plain

ちなみに一応色にも意味があって、青は自由、白は公正、赤は人々を表しています。とはいえ色の意味は多様なので、あまり色にはこだわっていません。


色違いバージョン。
f:id:empirestate:20181013202129p:plain



f:id:empirestate:20181015003725p:plain



f:id:empirestate:20181015090652p:plain




縦線でないバージョンも作ってみました。
真ん中の星形は八芒星になっています。
f:id:empirestate:20181013210405p:plain

どうでしょうか?