empirestate’s blog

主に政治…というよりは政治「思想」について書いています。あと読書感想文とか。

表現の自由の不在

f:id:empirestate:20190804222834j:plain
慰安婦問題でたびたび物議をかもしてきた少女像などが展示されていた「表現の不自由展・その後」ですが、「撤去しなければガソリン缶を持っていく」などの脅迫により中止になったようで、無事表現の自由の不在が確かめられた企画展になりました。
www.asahi.com

〝テロ予告や脅迫の電話等もあり、総合的に判断した。撤去をしなければガソリン携行缶を持ってお邪魔するというファクスもあった〞

ガソリンを持ってお邪魔するというのは京アニ放火事件を意識したものでしょうね。


ところで、この件について「表現の自由を守る」を公約に掲げてきた山田太郎議員(自民党)がこうコメントしています。

f:id:empirestate:20190804214915p:plain

〝あいちトリエンナーレ、私の基本原則は明確です。今回はクローズドな場所でのこと。公権力が表現を発することを中止させてはなりません。ただし、発した表現については表現者は責任を負うべきです。私個人は今回の表現は好みません。関係者に危害が及ばないことを望みます〞

この「ただし、発した表現については表現者は責任を負うべきです」で彼がどこまでを意図しているのか分かりませんが、もしこの発言が「表現するのは自由だが、発した表現のために脅迫を受けても仕方ない」という意味なら、それもう「表現の自由」じゃないよね?と思います。


というのは、「発言するのは自由です。ただし発言したら逮捕投獄されたり死刑になったりします」という状態は「自由」とは言われないわけで、それを自由というなら犯罪だって自由だということになろうからです。(犯罪を犯すのは自由です。ただし犯したら逮捕投獄されたり死刑になったりします!)
普通「自由」というのは何かを行うことを妨害されず、また行ってもそのために危害を加えられないことを言うものでしょう。


とはいえ、この人は「公権力が表現を発することを中止させてはなりません」「関係者に危害が及ばないことを望みます」と言ってるだけ、あからさまに脅迫している人々よりはまだマシとも言えますが、日本の「表現の自由」ってのはそういう状態なのかと思うとやるせないですね。