地方創生

f:id:empirestate:20180924153456p:plain
先日の自民党総裁選では石破茂は「地方創生」を訴えており、彼が善戦したのはそれが評価されたことが一因だと、新聞で大学教授が評していました。(東京新聞2018-9.23)
f:id:empirestate:20180924144451j:plain

日本の、東京への一極集中は以前から問題視されていますが、韓国でも似たような現象があるとか聞いたことがあります。やっぱり国民性が似ているんですかね(笑)。


で、前回の記事(http://empirestate.hatenablog.com/entry/2018/09/23/235050)にも載せましたが、Jermaine Dupri-“Welcome to Atlanta”(2002年)
これもある意味地方創生ですね。(アトランタアメリカ南部の都市)

youtu.be

アメリカ南部というと人種差別のイメージがあるかも知れません。確かにそれもある(あった)んですが、でもそれが南部の本質ってわけではなく、南部の独特の由来や風土から「派生」してきた現象なんだろうと思います。
ですから、やり方によっては差別なしに、なおかつ南部らしくやっていくこともできるんじゃないかと思います。この動画にも多様な人が出てきますしね。





これには公式リミックスとして、南部以外の地方も参加したバージョンがあります。
出てくるのは南部→東部→中西部→西部。
調べてみたら、こちらもオリジナルと同じく2002年の曲。ニューヨーク(東部)は911から間もない時期ですが、悲観的な感じはしない。むしろ「新しく4本のタワーを建ててる」とか言ってます。
ギャングスタにも地元愛があるんですねー

youtu.be


YouTubeのコメントを見てると、ヒップホップは90年代の作品の評価が高く、00年代はそこそこ、現在のものは批判されてるような感があります。まあ一部の評価ですけど。

90年代のアメリカのヒップホップ界隈では、東部と西部とで抗争があり、東部のノトーリアスB.I.Gと西部の2パックがそのために殺された事件があるので、それ以来抗争はやめにしてるとか聞いたことがあります。このリミックスができたのもそのおかげでしょう。





そんなわけで、ノトーリアスB.I.Gの曲も載せときます。“juicy”(1994年)
この動画では日本のゲーム「ストリートファイター2」がちょっと出てくるのが時代を感じさせます。(歌詞でも、任天堂SEGAが出てくる)
この当時の日本のコンテンツは海外でも評価されてたんですね。今はどうだか…

youtu.be

ダイバーシティ(続き)

前回の記事(http://empirestate.hatenablog.com/entry/2018/09/23/180642)の中で紹介しようかと思ってたんですが、ハローキティと一緒にするのはちょっとアレかなと思ったので、続きとしてこちらに載せます。

ヒップホップなんで前回の動画とはだいぶ毛色が変わりますが、個人的に好きなのはこれですね。

Soulja boy tell´em ―“Kiss me thru the phone”
2008年の曲です。


この曲の内容自体はダイバーシティとはあまり関係ないですが、このMVが多様性を意識してるっぽいのがアメリカらしいと思います。

あと普通に名曲だと思う。

youtu.be






あとこちらも。

Jermaine Dupri―“Welcome to Atlanta”

このMVには、他の人達に混ざって、シーク教徒のインド人らしき人(ターバンの人)が出てきますが、調べてみたらこの曲が出たのは2002年。アメリカ同時多発テロ事件(911)のすぐ後です。
911の後は、インドのシーク教徒はターバンをしていて見た目がアラブ人に似ているので、アラブ人と間違われて攻撃されることもあったそうです。このPVでシーク教徒と仲良くやってるのは、もしかしたら世間のそういう動きに対する批判のメッセージが込められてるのかも…?
(シーク教徒だからインド人とは限らないですが)

youtu.be

ハローキティとダイバーシティ

最近知りましたが、ハローキティYouTubeにチャンネルを持っています。
この前向きさを見習いたい。

youtu.be

ところで、国連は2030年までに、貧困や飢餓をなくすこと、人や国の不平等をなくすことなど17の目標を掲げています。(持続可能な開発目標(SDGs))
2030アジェンダ | 国連広報センター

それでハローキティも、人々の平等の実現のため、ダイバーシティ(多様性)の尊重を推進しています。さすがキティ先生。

youtu.be


この動画でも言われてますが、人や国の不平等をなくすことは国連の目標でもあり、東京渋谷区もこれを推進しています。
自由や平等は近代社会の基本理念ですから、さもありなん。
立憲民主党が多様性の尊重を打ち出しているのも、同じ理念に則ったものと言えるでしょう。

ハローキティの他の動画も面白いので、見てみるといいかも。

般若心経とか

ダイアリーからブログにしたら動画が貼り付けられるようになったので、好きな音楽など紹介してみようと思います。

イミー・ウーイ(IMEE OOI/黃慧音)という人がいて、マレーシア生まれの人らしいですが、仏教経典や真言を自作の音楽にのせて歌ってます(本人は仏教徒ではないらしい)。しかもサンスクリット語チベット語や中国語や日本語など、多言語で歌ってるらしいです。

やや昔の動画ですが、こちらはサンスクリット語の般若心経。

youtu.be


ああ~癒されるわ~


余談ですが、仏教が日本に多くの影響を与えてきたのは言うまでもないですが、インドの日本への影響はそれだけではありません。

続日本紀には、日本で初めて天皇誕生日(天長節)が祝われた時の記述が出てきます。
註釈によると、この天長節は元々日本にあったものではなく、唐代中国の朝廷で、皇帝の誕生日を祝った習慣から来ているそうです。しかしその唐にしても、元々は中国では誕生日を祝う習慣はなく、唐より後の時代にはこの天長節も廃れていったそうです。
これは仏教でブッダの誕生日を祝う習慣があったので、仏教が中国に定着した唐代に、その影響で皇帝の誕生日を祝うようになったらしいです。つまり、天皇誕生日はインド→中国→日本の順で伝わった文化だということになるでしょう。

唐代は国際的な時代でしたから、色々中国の外からの影響があったんですね。日本が最も影響を受けたのもこの時代ですし。



ちなみに、日本で般若心経を使った音楽としてはこんなのもあります。
日本語vocaloidでの般若心経ポップ(原作はニコニコ動画)
youtu.be

私はこれで般若心経を暗唱できるようになりました。

これにはいくつか派生バージョンがあります。
私はこの「般若心経ダンスホールレゲエ」が一番好きです。

youtu.be

般若心経バラード

youtu.be

般若心経アシッドジャズ

youtu.be

沖縄の辺野古基地問題

f:id:empirestate:20180919002404p:plain
沖縄県知事選挙が9月30日に行われますが、主な争点になっているのはやはり辺野古基地問題です。

いま普天間にある米軍基地を辺野古に移設しようというのが政府の方針ですが、辺野古に新基地を作ることには多くの人が反対しています。

県知事候補の一人、玉城デニー氏は辺野古基地建設には明確に反対しています。一方、辺野古基地建設を進める政権が後押しする佐喜真敦氏は、辺野古については明言を避けているようですが、政権から後押しされていることからしても、デニー氏の主張に対して明言を避けていることからしても、まず辺野古基地賛成派だと言っていいでしょう。

なお、沖縄には他にも米軍基地が沢山ありますが、デニー氏は米軍基地を全て無くせと言ってるわけではないので、まずは「辺野古」の是非が焦点だと思います。

沖縄県庁も、沖縄は辺野古新基地建設には反対しているが、日米安全保障体制自体に反対しているわけではない、ただ我が国では基地の機能や効果、負担のあり方などの議論が十分ではなかった、等としています。(沖縄県庁の米軍基地Q&Aより)
f:id:empirestate:20180918210156p:plain


そんなわけで、辺野古新基地建設に賛成か反対かが主な争点の一つですが、この点で何が問題なのか調べてみました。

資料にしたのはこちら

沖縄県http://www.pref.okinawa.jp/site/chijiko/kichitai/tyosa/qanda.html
とその発行した米軍基地Q&A
http://dc-office.org/wp-content/uploads/2017/04/QA20170406.pdf

琉球新報(沖縄の基地の成り立ち 知っておきたい3つのこと―2017年06月22日 )
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-519512.html

沖縄タイムス(普天間飛行場問題―上中下、2018年5月12~14日)これは上→
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/250181

オール沖縄会議
http://all-okinawa.jp/


で、沖縄の米軍基地の経緯ですが、沖縄の基地は太平洋戦争をきっかけにしてできたものです。
基地には元々日本軍の基地だったものを米軍が流用したもの(嘉手納など)と、元々人が住んでいた民有地を米軍が強制接収して作られたもの(普天間など)があります。
沖縄には民有地に建てられた基地が多く、日本本土の米軍基地の87%が国有地なのに対して、沖縄では23%が国有地、残りの77%が民有地と公有地(地方公共団体の土地)です。これは、本土の米軍基地が日本軍の基地を流用したものが多いのに対して、沖縄では強制接収された土地に建てられたものが多いことによります。
特に嘉手納より南の基地は民有地が88.4%で、普天間もここに含まれます。
f:id:empirestate:20180918233849p:plain

さらに、かつては本土にも米軍基地が多くありましたが、本土で反基地運動が高まったために、1950~60年代に、本土の基地のほとんどが沖縄に移動することになりました。そのため沖縄に米軍基地が集中(全国の基地の74%)しています。(沖縄が本土復帰したのは1972年)

つまり、沖縄に米軍基地が多いのは、本土の基地を肩代わりさせられたからという面もあるわけです。
ですから、本土の人はもし基地容認の立場を取るにしても、少なくとも基地のことで沖縄を悪く言うべきではないと思います。沖縄は本土の負担を肩代わりさせられているわけですから。
そもそも沖縄で地上戦が行われたのも、本土を守るためでしたし。

しかし沖縄では基地による弊害が色々あるので、日米両政府に対して、可能な限り基地を減らしてくれるように要請していました。
1996年に日米両政府は話し合って、普天間を始めとする11の基地について、日本に返還することが約束されました。2006年には約8000人(後に9000人)の海兵隊を国外に移し、嘉手納飛行場より南(普天間もここに含まれる)の6ヶ所の基地の返還が約束され、2013年にはこれを実行に移す計画が立てられましたが、6ヶ所の基地の大部分は沖縄県内の他の基地に機能を移し、そのほとんどが2022年以降に返還されるとされています。
f:id:empirestate:20180919003154p:plain
(沖縄県庁より)http://www.pref.okinawa.jp/site/kodomo/sugata/begunkichi.html
(デニー氏も嘉手納以南の基地の返還を求めていますが、これにもとづくものだったんですね)


で、辺野古新基地建設の是非ですが、私としては、もし普天間辺野古の基地が日本とアジア太平洋地域の安全保障のために不可欠なものであり、なおかつそれが地理的な条件からいって「辺野古」でなければならないのだとしたら、辺野古に基地を作るのもやむなしであると思います。

しかしながら、私はこれには疑問があります。
というのは、まず普天間については、前述のように、沖縄の人々は可能な限り基地を減らしてくれるように要請してきており、1996年に日米両政府が話し合って、普天間を含む11の基地の返還が決まっています。日米両政府は人々の要請を鵜呑みにしたわけではなく、話し合って返還を決めたわけですから、普天間は「可能な限り」に含まれていたもので、不可欠と見なされていたわけではなかったはずです。現に今それを移設しようとしているわけですし。(嘉手納以南の他の基地についても、そのほとんどが2022年以降に返還される約束なのだとしたら、それは不可欠とは見なされていないのでしょう)

また、移設先も最初から辺野古ありきで決まっていたわけではなく、こちらの東洋経済オンライン2015年5月12日→https://toyokeizai.net/articles/-/69279?display=b
では、

普天間の移転先が辺野古しかないのか、考えるチャンスは幾度もあった。

最も合理的な移設案は、米空軍の嘉手納基地との統合だったが、「トラブルの多い海兵隊を空軍が嫌がったため立ち消えとなった」(中堅幹部)。民主党の鳩山政権下で浮上した鹿児島県の徳之島などは、地元の反対で実現しなかった。

と云われています。
嘉手納では米軍内部での問題、鹿児島では日本国内の問題で移設が頓挫していますが、候補としては辺野古ありきではなかったわけです。
さらにいえば、嘉手納は沖縄県内ですが、鹿児島は九州であって、これは地理的に沖縄でなければならないとは限らないということになるのではないでしょうか?同じ記事ではこうも云われています。

専門家の間では「普天間飛行場も歩兵部隊も、辺野古より佐世保(長崎県)に近い自衛隊基地などへ移転したほうが、よほど効率的に運用できる」(軍事ジャーナリスト田岡俊次)との声もある。

宜野湾市では2009年に、米本土、ハワイ、グアムへの分散移転を求めています。
さらにいえば、米軍も辺野古にこだわっているわけではなく、

安倍政権で基地問題を担当する中堅幹部は言う。

「米軍は公の場でこそ日本政府に合わせてはくれますが、『普天間移設は日本の国内問題で、私たちの責任ではない。約束したのだから、しっかりやって下さい』という、完全に距離を置いた態度です」

とのことです。

また普天間辺野古の基地は海兵隊の基地ですが、この記事では海兵隊が他国の攻撃に対する抑止力になっているのかどうかも疑問符がつけられています。もっとも、文中の元防衛相の人の言葉からすれば、海兵隊自体には意味があると思いますが、普天間辺野古については、それが地理的に「辺野古」でなければならないとは、私は思いません。
私としては、嘉手納か本土の他の基地のように、すでに基地があるところに移すほうが良いだろうと思います。

なお沖縄県庁の辺野古埋め立て承認撤回の文書では、普天間の部隊について、「普天間飛行場に駐留している部隊の沖縄駐留の必然性は認められないものであって、移駐先が沖縄県内であることに必然性は認められない」と主張しています。(4p、25p目)
http://www.pref.okinawa.lg.jp/site/chijiko/henoko/documents/180831torikeshitsuuchisho.pdf
さらにここでは、辺野古の土地の地質、地形には当初想定されていなかった問題(地盤が非常に軟らかいなど)があり基地に適していないと言われており、そのため普天間の返還条件を満たせず、たとえ辺野古に基地を作っても普天間は返還されないと述べられています。

そういうわけですから、私としては「辺野古しかない」とは思いません。少なくとも、今のところは。

そもそも、沖縄を日本として防衛するのなら、米軍に頼るよりは自衛隊がやるべきだろうと思います。もしそのために必要であるなら、自衛隊を増強することも、私は不当だとは思いません。
とはいえ私は、日米同盟を破棄するべきだとか、米軍基地を全て無くすべきだとかは思いません。それはやはり必要なものでもあるでしょうし。自衛隊の能力の及ばないところを米軍が補ってくれるなら、それが良いと思います。

f:id:empirestate:20180919005846p:plain
ただ、これも基地問題の一つですが、米兵の犯罪を日本国内の法で裁けなかったり、米軍が事故を起こしても日本側は捜査できないといった、不平等な日米地位協定は改定するべきだと思います。日本と同じく地位協定があるドイツや韓国ではすでに改定されていると云います。(米軍基地Q&Aより)
対等な立場であってこそ、日米同盟も健全な同盟になるでしょう。なお地位協定については、デニー氏も佐喜真氏も改定を主張しており、党派を越えた主張になっています。


f:id:empirestate:20180919003427j:plain
一方、経済については、米軍基地Q&Aによると、沖縄の経済は基地に依存しているわけではなく、2014年(平成26)では県民総所得に占める基地関連収入の割合は5.7%です。(1980年(昭和55)の時点でも7.1%)
むしろ、すでに基地が返還された土地では、返還後の跡地の利用による直接経済効果は返還前の約28倍、雇用者数は約72倍という試算になっています。
今後返還が見込まれる土地についても、直接経済効果と誘発雇用者数は約18倍が見込まれるなど、むしろ米軍基地が沖縄経済を阻害する大きな要因になっていると云われています。(米軍基地Q&Aより)
オール沖縄会議によると、返還された土地にできた商業施設からはすでに数十倍~数百倍の経済効果が出ていると云います。


安全保障には確かに軍事も必要でしょうが、ただ軍事だけを固めていればいいというわけではなく、外交や経済などで容易に攻められない体制を作っておくことも必要なはずです。(ソ連も軍事は強かったものの経済破綻して崩壊しましたしね)

また辺野古の海を埋め立てると、サンゴ礁ジュゴン、それに新種の生物を含んでいるかも知れない自然の生態系を壊すことにもなります。
f:id:empirestate:20180919005345p:plain


辺野古に新基地を作れば、沖縄は今後もずっと長く、基地と共にある古い沖縄ということになるでしょうが、基地を減らして新しい時代が開ければ、沖縄は経済成長して、中国における香港やマカオのような存在になれるかもしれません。そうなれば、日本全体にとっても良いことだと思います。

そんなわけで、私はデニー氏を応援します。沖縄県民ではないので、投票はできませんが。

デニー氏の選挙関連サイト

http://tamakidenny2018.com/

https://hiyamikachiumanchu.com/seisaku/

男尊女卑とミソジニー

右翼は、右翼のイデオロギーと共に男尊女卑やミソジニー(女性嫌悪、女性蔑視)の傾向を持っている場合が多いように思います。
(なお女尊男卑や男性嫌悪(ミサンドリー)というものもありますが、私にはあまり身近ではないので、ここでは取り上げません)

ファシズムの初期兆候にも「性差別の横行」が挙げられています。
f:id:empirestate:20180916160550j:plain

で、その理由は何かと考えてみると、以前の記事でも書きましたが、それはこうした右翼思想がアイデンティティに結びついていることから来ていると思います。
(以前の記事→http://empirestate.hatenablog.com/entry/20180614/1528969699?_ga=2.114743375.917430249.1536204627-1688256755.1532434600)
右翼の思想は単なる政治思想にとどまらず、人にアイデンティティを提供するものである、つまり、自分のルーツは何で、自分はどういう存在であるのか、自分の属する集団は何であり、「敵」は誰で、「味方」は誰であるか、果たすべき自分の役割は何であるか、どのように生きていくべきか、といった思考の枠組みを提供するものであり、それが人にアイデンティティを与えるので、アイデンティティが不安定な若年者や、自己評価が低く自分に自信が持てない人を引き付ける力を持っているのだと思います。

そして、性別やその性別に期待される役割(ジェンダージェンダーロール)は、人のアイデンティティを形成する上で重要な一角を占めているので、右翼思想に傾倒する人(男性の場合)は、そこに現れる「典型的な」男性像やその役割といったものに強く自己を同化させることになるので、「男らしさ」や「女らしさ」に対するこだわりが強くなり、その「伝統的」な観念からしばしば男尊女卑やミソジニーに走ることになるのだと思います。

そのため、右翼に限らず、宗教的原理主義者のようにイデオロギーに傾倒する人にもしばしばこうした傾向があるように思います。


とはいえ、これはただ伝統的な観念だけによって起こるというものではなく、そうした男尊女卑やミソジニーの思想に傾倒する人の、もともとのアイデンティティの不安定さや自己評価の低さから来ている面も大きいと思います。
つまり、そこに自らのアイデンティティをかけている人は、自己の不安定さや自己評価の低さを補うために、過剰にこうした価値観に入れ込むことになり、それに少しでも反対されると、自己を守るために強い拒否反応を示すことになるので、こうして男尊女卑やミソジニーが普通以上に強まることになるからです。


私事ですが、私もかつては男尊女卑やミソジニーの思想に傾いていた時期がありました。
しかしそれは、本当に女性嫌いだったからというよりは、自らの精神を安定させるためにこそそうしていたのであって、自分でもそのことを自覚していました。
私は若年期からアイデンティティが不安定で、精神と神経の状態もあまり健康ではありませんでした。そして自分が、自分が思う、また世間が求めるような男性像にかなっていないことに負い目を感じてもいたので、少しでも自分の精神を安定させるため、また自分を自分の思うアイデンティティの枠内にとどめておくために、男尊女卑やミソジニーの思想を意図的に取り入れていました。
右翼思想にこそ傾倒しなかったものの、少し条件が違っていれば間違いなく右翼になっていたと思います。
(またこの頃には、女性のことを、自らの精神的な安定を脅かす存在のように思っていた覚えもあります)

そのあと、色々な経験を重ねて、精神状態が比較的落ち着くようになっていき、またジェンダーセクシュアリティについての理解が深まったことで、どうやら自分もマイノリティの一種らしいということが分かってきて、自分のアイデンティティもようやく確立していきました。
それに伴って、男尊女卑やミソジニーも、もともと心から賛同していたわけではないので、あっさり捨てることになりました。
そして、今までは自分の精神の安定を図ることに手一杯で、気づかう余裕のなかった女性の立場についても、多少は配慮できるようになったと思います。

そんなわけで、まず自分の精神を安定させることが、極端な思想に走ることを防ぐために必要だと思います。

戦略メモ―市場について

f:id:empirestate:20180915184109j:plain
この間、せやろがいおじさんのオリンピックボランティア批判の動画

youtu.be

がバズってたのを見て思ったんですが、リベラル側が、一般のああいう動画を高く評価、拡散、視聴などすれば、別に政治メインではない動画などのコンテンツ製作者も、ああいうノリのコンテンツを作ってくれるようになり、それが続けば世論も変わってくるだろうと思うんですよね。

市場は需要と供給で成り立ってるので、リベラルなコンテンツを求める需要が人々のほうにあれば、供給する側もやっぱりそういうのを作るようになると思うんですよ。

逆に、全体主義や差別主義を煽るようなコンテンツは利用しない、不買、低評価、批判していけばそういうのも減ってくると思います。もちろん、正当な範囲内でやってることにまで文句をつけてクレーマーになっては駄目ですけど、あからさまに利用規約公序良俗に反するようなものは今でも通報でBANされるわけで、そうやって一方は受容、一方は拒否していけば、コンテンツの作り手のほうもその影響を受けざるを得ないはず。

ネトウヨは愛国ビジネスに乗っかる一方で、目をつけた企業には不買運動やクレームをつけたりし続けてきたわけで、それでまともな企業もネトウヨにある程度配慮せざるを得なくなり、時には萎縮するような効果もあっただろう。そういうマーケットが一部でも出来てしまえば、それにつれて社会も変わらざるを得ない。

麻薬ビジネスだって、元をたどれば麻薬を欲しがる連中の「需要」があるからこそ成り立ってるわけで、そのビジネスのために無数の惨劇が起こってもなお、それはビジネスとして成立し続けてしまっている。「需要」と「供給」との取り引きが現に存在しているから。

だから、リベラル側としては、リベラルなコンテンツを求める「需要」を作り出し、積極的にそういうコンテンツを利用、購入、高評価、宣伝していくと良いと思います。そうすれば「供給」する側も変わるはず。
コンテンツの制作においては、誰しもが「供給」側になれるわけではないとしても、「需要」側にはもっと簡単になれると思います。

この間バズってた、18禁に近いラノベの表紙なんかもそうですけど、あれがたびたび非難されながらも続いてるのは、結局、そういう表紙のラノベを好んで買う層の「需要」があり、一方では、そうではないいわゆる「普通」の本があまり売れなくなっているからこそ、そうなってるわけで、多くの人々がもっと普通の本を好んで買い、逆に18禁気味のラノベは敬遠して買わないようになれば、自然に消滅していくと思うんですよね。


そんなわけで、リベラル側はもっとリベラルなコンテンツに投資して、リベラルな市場を作り出していくと良いと思います。そうすれば、またいつか自分が供給側に回った時にも、一定の需要が見込めるようにもなるでしょう。

ともすれば、今までリベラル側は、社会からは一歩引いた立ち位置で、外から社会を批判するような傾向があったかもしれません。ていうか自分がそうだったんですが、もちろんそういう客観的な視点は必要ですけど、それだけでなく、もっと積極的に「社会参加」して、市場に参加していけば、自ら社会と市場を作り替えていき、自ら世論も作っていけるだろうと思います。

そんなわけで、私も東京新聞を有料購読始めました。新聞を取れば勉強にもなるでしょうし、未来への投資ですね。