empirestate’s blog

主に政治…というよりは政治「思想」について書いています。あと読書感想文とか。

ボートマッチ

f:id:empirestate:20190711213749p:plain
今月は参院選がありますが、出ている政党や候補者がどんな意見を持っているのか分からないので、どこに投票すればいいのか分からない…という方もいるかもしれません。
そこでボートマッチですよ。

ボートマッチとは、自分の意見と、政党や候補者の意見がどれだけ合っているか、どの政党や候補者と親和性が高いかなどを調べられるサービスです。

こういう簡単なものから

政党との相性診断
https://seiji.yahoo.co.jp/senkyo/match/party/

こういう比較的詳細なものまであります

えらぼーと
https://vote.mainichi.jp/25san/

朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2019参議院選挙:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/senkyo/senkyo2019/asahitodai/

とはいえ、設問によっては本当に自分の意見と合っているかどうか分からなくなることもあるかもしれません。
例えば、最初の「政党との相性診断」は改憲についても相変わらず9条についてしか述べていませんし、「外国との関係をどうするべきか?」といった問題についても、その国との間にどんな問題が起こっているのか予備知識がないと判断しづらいでしょう。
さらに、そうした諸問題について調べようとしても、ネットに溢れるデマ情報を掴まされてしまっては判断もおかしくなってしまいます。政党の公式ホームページや、信頼のおけそうなメディアによる報道などを多角的に見て決めると良いでしょう。

かつてアメリカ大統領選挙では、広告収入で金を稼ぐためだけにフェイクニュースが大量に拡散されたことがありました。
https://www.buzzfeed.com/jp/sakimizoroki/fake-news-on-sns-and-democracy?utm_source=dynamic&utm_campaign=bfsharecopy

日本でもこれを真似てフェイクニュースが拡散されました。
https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/korean-news-xyz-2?utm_source=dynamic&utm_campaign=bfsharecopy

幸いさほど収入にはならなかったそうですが、今後もこういう事態は出てくるでしょうし、デマ情報に踊らされて投票してしまっては国全体が道を誤ることになりかねません。

たまには昔の曲を

私はけっこう洋楽が好きなんですが、最近はさすがにそんなことも珍しいでしょうが、未だに一部では洋楽を聴いてる奴はかっこつけてるとか他人にマウント取ってるとか言われることがあります。

しかしそういう言いがかりは、洋楽のほうが邦楽より格上だという考え方を前提にしたもので、世迷い事であり余計なお世話だと言うべきであります。音楽には(音楽に限りませんが)別に上下関係があるわけではなく、ただそれぞれの好みの音楽があるだけです。私はただ自分が好きなものを聴くだけです。

というわけで、今回は邦楽を聴いてみようと思います。私は邦楽では90年代の曲が好きです。思い出補正も入ってるんでしょうけど、なんか雰囲気が好きなんですよね。洋楽でもその辺の曲が評価高いらしいですし、何か関係あるんでしょうか。

今日は七夕なのでこれを。冬の情景を歌ってるので季節外れではありますが、曲の内容的には七夕を思わせるものがなくもない。1998年のものです。

White Love - SPEED
この曲を聴くと、色々な思い出が去来して胸がふさがるような思いがします。
この頃は今よりリベラルな気風があって、今ほど差別主義や歴史修正主義がまかり通ることもなかった…ような気がする。消費税も5%だったし。

「反対するなら対案を出せ」という言説

f:id:empirestate:20190703194017p:plain
何かに反対、批判する人に対して「反対するなら対案を出せ」「批判するなら対案を出せ」などと言われることがあります。

今さらと言えば今さらですが、この主張は常に正しいわけではありません。

なぜなら「反対するなら対案を出せ」という主張が正しいのは、人々の間で「現状を変えなければならない」という前提が共有されている場合のことだからです。

ですから、例えば憲法改定について議論する際に、もし議論する人々が「今ある憲法は変えなくてはならない」という認識を共有しているのなら、ある人が改憲案を出し、別の人がそれに反対したとしたら、それに対して「反対するなら対案を出せ」と言うことは正当だということになります。

しかし、もし反対する人が「そもそも憲法を変える必要はない」と思っているなら、「反対するなら対案を出せ」と言うことは正当ではないということになります。その場合は、「変えない」ということ自体が対案だということになります。(変える必要がないという意見そのものの妥当性はさておき)
改憲の議論においては、こうした事態がしばしば見られるように思います。


一方で、例えば消費税増税に反対する政党が、賛成する政党に「反対するなら対案を出せ」と言われ、これに応えて「消費税を上げる代わりに大企業と富裕層に課税すればいい」と主張するのは、「今のままでは社会保障などの財源が足りなくなるので、どこかで税収をまかなわなくてはならない」という前提がこうした諸政党の間で共有されているからです。
この場合は「対案を出せ」という主張も正当だということになります。


さらに言えば、対案を出すのが正当である場合でも、「その時には対案が思い付かなくても、さしあたって相手の意見には反対する」ということは別に不当とは限りません。
例えば、少ない税収で年金をまかなわなくてはならないという前提を人々が共有しているとしても、誰かが「年金が足りなくなるなら、60歳以上の高齢者の半分を殺して年齢層の割合を調整すればいい」という意見を出したとしたら、その時には有効な対案を思い付かなくても、「それはさすがに駄目だ。論外だ」と言って脚下し、それからそれ以外の別の解決策を探しても不当ではありません。

そういうわけですから、対案を出さなければ最初に提案した者の意見がそのまま通る、というわけではないということになります。

権力について

f:id:empirestate:20190621231426j:plain
権力というものは一つの「力」ではありますが、それは個人に宿るものではなく、集団に宿るものであり、人々の協力によって成り立つものだと思うんですよね。

というのは、例えば一人で国内の一切を取り仕切るような独裁者がいたとしても、彼がそうできるのは、その独裁者が一人で他の全ての人と闘っても勝てるほど強いからではなく、他の人々が彼に従っているからこそなのであって、極端な話、彼の配下の軍や政府高官たちが一斉に彼に反旗をひるがえせば、とたんに彼はただの人になって失脚してしまうわけです。

だからこそ、独裁者は個人的に親しい者たちで身内を固めたり、親衛隊を作ったり、配下の者たちが団結しないように分断統治を図ったりするのでしょう。

逆に言えば、いかな独裁者と言えども、本当に独りだけで統治するのではなく、やはり何らかの理由で彼に従う者たちがいるからこそ、彼は独裁者でいることができるというわけです。ヒトラーも大衆を味方につけていましたし、スターリン毛沢東もそうでしょう。ですから、独裁者と呼ばれる者について、「彼は誰々の支持を受けて統治しているのだから独裁者ではない」と言えるとは限らないわけです。

f:id:empirestate:20190621232248p:plain

また逆に言えば、ある国の人々が皆で「理不尽な命令には従わない」「一方的な支配は受け入れない」という意思を持ちそれを行動に表すなら、その国は独裁体制に落ち込まずに済むでしょう。それは一種の「反骨精神」です。

しかし、こうした精神を一部の者だけが持っていても、軍や政府高官のほうが独裁体制になずんでいれば、やはりそれだけでは自由を守ることは難しいでしょう。何らかの利益や損害に誘導されて独裁の片棒を自ら担いに行く、そうした者たちが独裁体制を作り上げていくわけです。
そうした者たちは個人的な利害に動かされてそうするので、ある意味個人の自由を最大限に発揮しているのですが、それが独裁を作り上げるのは、いわゆる「自由な民主主義社会から独裁体制が生まれてくる」と言うのと同じことです。
そうした個人的な利害に動かされずに「公益」のために働く者が、逆に自由で平等で公正な社会を作り上げることになるでしょう。

「年金返せデモ」に行ってきました

「年金だけでは老後の生活に足りないから各自2000万円ほど貯める自助努力が必要」という発表と、これへの反発を受けての政府の報告書受け取り拒否などに端を発した「年金返せデモ」が今日行われましたので行ってきました。

f:id:empirestate:20190616224437p:plain

コースは日比谷公園から出発して銀座まで。主催者発表では2000人集まって6部に分かれていたとのこと。
2000人というのはいかにも少ないように思えますが、日本人は自己主張が苦手な人が多いので参加してなくても賛同してる人はもっといると思います(多分)。
f:id:empirestate:20190616220602p:plain
f:id:empirestate:20190616220652p:plain
f:id:empirestate:20190616220719p:plain
f:id:empirestate:20190616220915j:plainf:id:empirestate:20190616221011j:plain

参考

https://news.livedoor.com/article/detail/16505145/

金融庁は同じ資料の中で夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職の世帯を例に挙げ、
毎月の不足額が平均約5万円にのぼり、老後の人生が20~30年のあるとすれば総額は単純計算で1300~2000万円の不足になるとしています。
もちろん年金受給開始年齢70歳や80歳にまで引き上げられれば、この「自助」すべき金額はさらに跳ね上がることは言うまでもありません〞

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190618/k10011956861000.html

〝老後の資産形成で「およそ2000万円必要になる」などとした金融庁の審議会の報告書をめぐり、政府は、報告書を踏まえた質問への回答は控えるとした答弁書を決定しました。

老後の資産形成で「およそ2000万円必要になる」などとした金融庁の審議会の報告書をめぐっては、担当する麻生副総理兼金融担当大臣が受け取らない考えを示しています〞

ちなみにこの「2000万円足りない」という言い方について、「毎月足りない5.5万円は「遊ぶ金」だから生活には足りてる、遊ぶ金くらい自分で稼げ」と言ってる人もいますが、

https://abematimes.com/posts/7006791

いずれにせよ満足な生活水準に届かないことには変わりませんし、実際にその人が指摘している支出のグラフを見ると「教養娯楽」は2.5万円ほどで「その他」が5.4万円ほどなんですが、「遊ぶ金」は「娯楽」とは別なんですかね?

f:id:empirestate:20190616224513p:plain

f:id:empirestate:20190616231358p:plain

さらに言えば、
「報告書を取りまとめた「市場ワーキング・グループ」の議事録をひもとくと、「団塊ジュニアから先の世代は月々の赤字は5.5万円ではなくて10万円ぐらいになってくるのではないか」との発言も見られる。つまり現在40代以下の人々の場合、単純計算で10万円×12カ月×30年=3600万円が不足するということになっているのだ」
との指摘もありますし、元の報告書の中でも自らが想定する必要な資産と実際の資産との差がありますからいずれにせよ老後が厳しいことには変わりません。
f:id:empirestate:20190616225309p:plain

3000万円必要とする試算も

金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示 - 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20190617/k00/00m/010/254000c

〝この報告書に採用された試算とは別に、金融庁が独自に「30年間で1500万~3000万円必要」とする試算を行い、WGに提示していた〞

痴漢

この間Twitterで日本の「痴漢」について取り上げていた海外ニュースサイトらしきアカウントがありました。
そこで痴漢の行動を撮った動画があったんですが、マジで気持ち悪かったです。一見普通の人がこんなことやってるのは衝撃ですわ。

閲覧注意

https://twitter.com/vocativ/status/1136279255900274688?s=19

で、これを見た後私は外出して買い物に行ったんですが、そこでたまたま普通のおじさんを見かけた時、私はそのおじさんにちょっと恐怖感を覚えてしまったんですよ。

私は女でもないし、別にその人が何か怪しい行動を取っていたわけでもないのに、それでも見た目の雰囲気が動画内の痴漢と似てるというだけで、一瞬恐怖感を覚えてしまったのです。
(おじさんの名誉のために言っておくと、見た目の雰囲気が似てるというのは単に普通の人っぽい見た目というだけで、特に見た目が怪しいわけではない)

動画を見ただけでこんな感覚になるのなら、実際に痴漢の被害に遭った人はやっぱり電車に乗るたびに恐怖感を覚えるんだろうなと思いました。
ちょっとだけ痴漢被害者の気持ちが分かったような気がしました。

うつ病か?

最近なかなかブログを書けません。ネタが思い付かないわけでもないのに書き始めることができないのじゃ…うつ病か?

なので、景気づけにソビエトマーチでも流しておきます。


Epic Soviet March

ちなみに私も勘違いしてましたが、このBGMのソビエトマーチは実際にソ連で使われていたものではなく、レッドアラートというゲームの中で使われていた曲です。

ソ連もそうだけど、すでに滅んでしまった国って何かロマンがありますよね。
まぁ実際にその時に生きていたらそんな悠長なことは言ってられないでしょうけど。

人民のための国、労働者のための国というコンセプトはよかったと思います。でも色々粗もあったので、その綻びを修復しきれずに滅んだって感じですかね。
現代の共産主義思想の方々にはその反省を生かして今度はもっと上手くやっていただきたいと思います。