empirestate’s blog

主に政治…というよりは政治「思想」について書いています。あと読書感想文とか。

トランスジェンダーのスポーツ選手はどちらの性別の試合に出るべきか

近年LGBTSの存在が社会的に認知されるようになってきたこともあって、それに属する人の社会参加も前よりは社会で認められるようになってきているように思います。

一方で、従来は男女の二分法で分けられていた社会の領域で、こうした「典型的な男女」に当てはまらない人々をどのように受け入れるべきかが問題になることもあります。

特に本人の心の性別(性自認)と身体の性別が異なるトランスジェンダーの場合(身体的には男性であるけど心が女性であるとか、身体的には女性であるけど心が男性であるとか)には、本人の性自認によって受け入れられるべきか、身体の性別によって受け入れられるべきかということが問題になることがあります。
(なお性自認というと、ともすれば単に本人の意識的な選択でその性別を自認しているかのような印象を与えるかもしれませんが、もちろんこの場合の性自認とはそういう意味ではなく、持続的で、本人の意思では変えることができない生まれつきの特性です)

よく言われる例としては、性自認が女性で身体の性別が男性のトランスジェンダーの人はスポーツの試合で女子の試合に出ていいのか、女子用の風呂やトイレを使っていいのか、といった問題です。
もっとも、実際のトランスジェンダーの人がどの程度こうした要求をしているのかはわかりませんが、もしそうした要求がある場合はどうするべきかということがあります。


自分としては、この場合、その社会的な区別が、「精神的な理由」で存在しているのか、「身体的な理由」で存在しているのかによって分けられるべきだと思います。

例えば、あるトランスジェンダーの人が自らを身体的な性別とは異なる性に属すると認め、自らをそう規定し、そのように表明し、また出来れば他者からもそのように認められる、ということ(例えば身体的には男性であっても自ら女性であると認めるとか、身体的には女性であっても自ら男性であると認めること)について言えば、これは専ら精神的な理由によるものであって(もちろんここでも「精神的な理由」というのは一時的な気の迷いや意識的な選択ではない)、この場合は本人の性自認があれば足りることだと思います。


一方で、スポーツの世界が男女で分かれているのは、精神的な理由というよりは専ら身体的な理由によって分かれているものだと思います。
なので、この場合には心の性別ではなく、身体的な性別によって分けられるべきだと私は思います。
また風呂やトイレが分かれているのも、これは精神的というよりは専ら身体的な理由によるものだと思います。なので、これは身体的な性別によって分けられるべきだと思います。


これ以外にも社会には色々と性別によって分けられる分野があると思いますが、その区別が主に精神的な理由によって存在しているのか、主に身体的な理由によって存在しているのかを考慮して、精神的な理由による場合は性自認を基準にし、身体的な理由による場合は身体の性別を基準にして分けるべきだと思います。
もっとも、はっきりとどちらか一方の理由だけで分かれているとは限らず、両方を兼ねている場合も多いでしょうが、その場合は従来の枠組みを越える(あるいは、とどまる)ことによるリスクを考慮して、それが大きなリスクであれば取らない、ということが必要であろうと思います。

スポーツとナショナリズム

スポーツがナショナリズムを煽ったり政治に利用されることはしばしば批判的に言及されるところですが、スポーツとナショナリズムの結びつきを警戒すると逆に「自国の選手を応援しないなんて同胞への愛がないのか」といった批判がされることもあります。
五輪のせいか前よりもよくこういうことを聞くような気がします。


自分としては、スポーツで自国を応援すること自体が悪いことだとは思いません。
試合を見る側が自分と同じ国の選手を応援するということはたぶん自然な情緒でもありますし(必ずそうなるというわけではないにしても)、選手の側でも、それを支えにして頑張るということはあるでしょうから。

一方で、もしこの自国の選手を応援するということが、その試合で闘う相手やその出身国への誹謗中傷や攻撃につながるとしたら、それは悪いことだと思いますし、またこのような国別の試合に入れ込むことによって国内の社会問題を覆い隠すことになる等のいわゆる「政治利用」されるとしたらやはりそれも悪い結果になるだろうと思います。


国内で行われるスポーツの試合でも、自分のお気に入りの選手やチームを応援するのは普通のことですし、それがスポーツ観戦の楽しみでもあるでしょうが、一方で相手のチームやそのファンを攻撃したり、試合会場で暴動を起こしたりすればそれはやはり悪いことだと言うべきでしょう。国別の試合でもやはりそうだと思います。


オリンピック憲章でも、競技は「選手間の競争であり、 国家間の競争ではない」とわざわざ言われていますから、スポーツとナショナリズムとの結びつきははじめから警戒されていると言うべきでしょう。またこの憲章では差別も禁止されています。

https://www.joc.or.jp/olympism/charter/

“6 オリンピック競技大会

1.オリンピック競技大会は、 個人種目または団体種目での選手間の競争であり、 国家間の競争ではない。 ”

“オリンピズムの根本原則

4.スポーツをすることは人権の 1 つである。 すべての個人はいかなる種類の差別も受けることなく、オリンピック精神に基づき、スポーツをする機会を与えられなければならない。 オリンピック精神においては友情、 連帯、 フェアプレーの精神とともに相互理解が求められる。

6.このオリンピック憲章の定める権利および自由は人種、肌の色、性別、性的指向、言語、宗教、政治的またはその他の意見、 国あるいは社会的な出身、 財産、 出自やその他の身分などの理由による、 いかなる種類の差別も受けることなく、 確実に享受されなければならない。”

「命も大事だけど経済も大事」という言説

すごく今さらですが、コロナ禍の初期のころ、感染症対策のために経済活動を制限することに反対する意見が出る中で、「命も大事だけど経済も大事」と言われたり、「命か、経済か(どちらを優先するか)」という問いが立てられたりした覚えがあります。

しかし自分としては、これらはあまり正確な物言いではないと思います。

というのは、この「命も大事だけど経済も大事」という意見を言っていた人々の間では、「経済活動を止めるとそのために人々は仕事を失って暮らしていけなくなり、自殺や餓死に追い込まれることになる。だからコロナ対策だけでなく経済も回さないといけない」といった主張がしばしば見られたように思うからです。

しかし、仕事を失って死ぬことになるのを防ぐために経済を回そうというなら、それは結局命を守るためにやっていることなのであり、「命を守る」ということ自体は共通の目的であって、ただその「方法」として、防疫(コロナ対策)を重視するか、経済活動を重視するかという違いがあるのだというべきでしょう。(この場合は単に命だけを守るというより、命を含めた人々の生活を守ると言うべきでしょうが)

もっとも、ある人が自分の命を犠牲にしてでも経済を回そうとしているなら、その人は「命か、経済か」を天秤にかけて経済のほうを優先していると言えるでしょうが、多分そういう人はあまり多くはいないでしょう。

ですから、「命も大事だけど経済も大事」とか「命か、経済か」というよりは、「防疫も大事だけど経済も大事」「防疫か、経済か」というほうが正確だと思います。

そして、この「防疫も大事だけど経済も大事」という点について言えば、実際それらはどちらも大事なのであって、ただその時の感染状況や経済状況によってどちらを重視するかは変わってくるものだと思います。

もっとも、台湾のように早くから感染を抑え込んだ国が経済的にも成長しているのを見れば、防疫を重視したほうが結果的には経済も回っていただろうと思いますが、初期のころに感染を抑え込んだ国とすでに感染が広がっている国とではまたやり方も違ってくるかも知れませんが。

news.yahoo.co.jp

“台湾の2020年の実質域内総生産(GDP、速報値)成長率は前年比2.98%となり、中国の2.3%成長を上回った。台湾の成長率が中国を上回るのは1991年以降約30年で初めて。新型コロナウイルス感染症の域内抑え込みが奏功し、輸出や投資などが伸びた。”