empirestate’s blog

主に政治…というよりは政治「思想」について書いています。あと読書感想文とか。

新年

2021年ですね。今年もよろしくお願いします。

私は例によって慢性的なうつ状態で去年からなかなか更新もできていませんが、今年は少しずつでも更新していきたいです。

というわけで、景気づけにニンジンをかじるパンダの動画でも載せておきます。


ニンジンが美味しいパンダ


パンダはよくかわいいと言われますが、それは半分あの白黒模様のおかげで、ヒグマやアメリカクロクマのように全身黒や茶色だったらあそこまでかわいい扱いされてないだろうなという気がしないでもありません。

まぁパンダ自身にとってはそんなことはどうでもいいことでしょうけどね。パンダは人間に気に入られるためにあの模様をしているわけではないですし。
とはいえ結果的にはその模様のおかげで人間に保護されているとも言えますが、逆にそれのせいで人間に捕まえられるという面もあるでしょうし功罪あるといったところか。

そういや昔「パンダは中国の動物じゃなくてチベットの動物です!」と主張している人々もいました。今もいるのかな?
この「パンダはチベットの動物」という情報自体も不正確なようですが(後述)、仮にパンダがチベットにしかいなかったとしても、それはパンダがチベット人だという意味ではなくて、「現在はチベット領である地域に生息している動物」という意味でしかないというべきでしょう。
また仮にパンダが中国の動物だと言うとしても、それはパンダが中国人だという意味ではなく、「現在は中国領である地域に生息している動物」というだけのことです。動物には民族としての帰属があるわけではないですし、動物の世界にまで人間の政治事情を持ち込むのはやり過ぎでしょう。まぁ実際の行政としてはその生息地域の国が管理するということにはなりますし、その国の住民がその動物に思い入れを持つということはありますが。



(パンダの生息地について)
上野動物園のサイトによると、パンダは現在は中国南西部の山岳地帯に住んでいます(チベットも中国南西部にある)が、かつてはもっと広い範囲に生息していたようです。wwfのサイトによるとミャンマーベトナムの北部からもパンダの化石が見つかっているとか。またパンダの祖先は北京にも生息していたようです。
あとナショナルジオグラフィックの記事ではパンダの祖先はヨーロッパ南西部から中国に来たとも言われていました。

上野動物園のサイトより引用

ジャイアントパンダは、現在中華人民共和国・南西部にある四川省(しせんしょう)、陝西省(せんせいしょう)、甘粛省(かんしゅくしょう)の標高約1300~3500メートルにもおよぶ山岳地帯の森林で暮らしています。化石などの調査によって、ジャイアントパンダの祖先は約300万年前ころから生息していたようですが、化石の発見が標高500~700メートルあたりでも見られることから、今より低い地域に、そしてもっと広い地域に分布していたことがわかっています。
 パンダが暮らす場所を高山へ移していった理由として、天敵から逃れるためや餌の競争を避けることなどが考えられます。ただ、19世紀に入ってパンダの分布する地域が急激に減少した理由は、中国の人口が増加し生息地の開発がすすんだことが大きな原因です。”

Q6:ジャイアントパンダはどんなところに棲んでいるの?|上野動物園のジャイアントパンダ情報サイト「UENO-PANDA.JP」


wwf
パンダの生態と、迫る危機について |WWFジャパン