empirestate’s blog

主に政治…というよりは政治「思想」について書いています。あと読書感想文とか。

民族と民族主義

一応言っておくと、私の政治姿勢は基本的に反中国、反北朝鮮、反ロシアで、親米国、親韓国、親台湾香港ですが、それはあくまでも政治思想と体制によるものであって、民族によるものではないということは言っておくべきだと思います。

一部では異論もあるようですが、大陸中国(中華人民共和国)も、台湾香港も、基本的にはどちらも漢民族主体の国であると言っていいでしょう(少数民族もいますが)。北朝鮮と韓国も、やはりどちらも韓民族(朝鮮民族)の国であって、別に民族的には違いはありません。
ですから大事なのは民族ではなくて、政治思想と体制のほうであり、反中国ではあっても、民族的に中国人(漢民族)であることが悪いことだとは私は思いません。


もちろん台湾や韓国も色々と政治的社会的な問題を抱えてはいるでしょうが、それでもこれらの国々は日本と同じく自由主義の国々であって、人権や民主主義や法治主義政教分離を守る(というより、守ることになっている)国々だと私は見ています。一方で、中国や北朝鮮一党独裁の自由がない国々であって、これは私が肯定しない体制です。


思えば、香港が中国に返還されることが決まった時には、香港の人々の中には、同じ漢民族の国である祖国に復帰するのだからそれは喜ばしいことだと思った人々もいたであろうと思います。(当時香港に居た日本人のエッセイで、そういう人々がいたということを読んだ覚えがあります)

しかし今になってみると、結局その返還は新たな圧制の始まりだったわけで、「同じ民族」だという信頼感など、何のあてにもならない欺瞞だと言わざるを得ません。

同じ民族だという意識が無意味だとまでは言いませんが、少なくとも政治的な面で言えば、それは人々の自由や権利を保証してくれるものではないわけです。
もとより、歴史を振りかえってみればそれも明らかなことであって、歴史上、世界中で行われてきた圧制苛政は別に異民族によるものだとは限らないものです。


もっとも、「民族」自体は人々を絆で結ぶものではないにしても、「民族主義」という思想のほうは、それを共有する人々の間では、人々を結びつける絆になっているとは言えるでしょう。それは言ってみれば、共産主義共産主義者同士を結びつけ、イスラム主義がイスラム主義者同士を結びつけるようなものだからです。
とはいえ、この民族主義という思想は同じ民族だという事実(あるいは、その意識)から自然と発生してくるようなものではなく、やはりある一つのイデオロギーなのであって、その思想を同じくする人々の間でしか、十分には通用しないのだと思います。そうでなければ、世界中どこの時代や地域でも、人々はこの民族主義によって国を作り、それによって政治的な行動を起こしてきたであろうからです。しかし実際には、古代から王や皇帝は複数の民族を統治してきたし、一つの宗教が複数の民族の間で受け入れられてきた…さらに言えば、逆にこうした要素のほうが民族を形作る要因にもなってきたわけですから。