empirestate’s blog

主に政治…というよりは政治「思想」について書いています。あと読書感想文とか。

香港民主派について

最近鬱でなかなか記事が書けないですが、とりあえず皆さんには香港の民主活動家(中国の体制に取り込まれることに反対して国家安全維持法(国安法)に反対していた側)のことを覚えておいて支持していただきたいと思います。というか他の中国国内の民主活動家とかもそうなんですが。

香港民主派の人も言ってましたが、世界の人々が香港に注目し民主派を支持していればそれが民主派にとって有利に働くし、逆に人々が無関心で香港のことを忘れていればそれが中国政府にとって有利に働くということです。

それもあってか、香港民主派の人たちは香港のことだけでなく、タイ、ベラルーシ、韓国、台湾、シンガポールなどで今起こっている、またはかつて起こってきた民主化運動についても支持を表明していました。それは同じ趣旨の活動をしているのだから自然ななりゆきでもあるし、またそれが香港や、ひいては世界の民主主義を擁護することにもつながるでしょう。日本についても同様だと思います。

それにしても、こういう国家権力の横暴に反対して世界の人民と連帯するという活動は、元々は共産主義者の間でよく行われていたもののような気がしますが、一応は共産主義を標榜するはずの中国政府に反対する形でこういう活動が行われているのも皮肉に思えます。


香港民主派の中には、親中派から毎日脅迫や嫌がらせの電話を受けてきた人もいるそうですし、街中で尾行されたり脅迫されたりもしているようです。どこの国でもそうやって国家権力を傘にきて他人を迫害することを喜ぶ人間がいるのでしょう。虎の威を借る狐が。

しかしまさにそういう国家権力の暴走から人々を守ることこそ自由と民主主義の意義だというべきでしょう。

国安法の下では米国籍を持つ人まで指名手配されています↓
www.tokyo-np.co.jp

2020年8月1日
【香港共同】香港警察が国家安全維持法(国安法)違反の疑いで、米国籍を持つ香港出身の民主活動家、朱牧民(サミュエル・チュー)氏を指名手配したことが1日分かった。香港メディアが報じた。国安法は、容疑者の国籍や犯罪を行った場所を問わずに適用すると規定しており、この規定の初適用とみられる。
…朱氏は米国在住25年。ツイッターに「国家分裂扇動罪と、外国勢力との結託で国家の安全に危害を加えた罪を犯した疑いで指名手配されたことを、報道で知った」と投稿した。


英国に亡命した民主活動家、羅冠聡(らかんそう/ネイサン・ロー)氏のツイッター
twitter.com


米国に拠点を置く香港人の団体も
hkdc.us


ところで、こうした問題は人権問題だと言われていますし、私もそう思います。そして人権問題だということは、人類一般に関わる問題であり、中国政府が主張するように単なる「内政問題」ではないということです。だから日本共産党も他の野党も中国政府を批判していましたし、日本政府も遺憾の意を表明していました。私もやはりそうします。

またそうすると、今度は過去の日本が中国や香港を侵略して住民を苦しめてきたのに、日本人に中国に物を言う資格があるのか、という反論があるかも知れませんが、そういう過去と現在、国家と個人を一まとめにして否定する思想には私は反対です。
そういうことを言い出したら、この世のどんな国の国民も、他国で行われていることを批判できなくなるでしょう。歴史の上で何の汚点もない国など存在しないと思うからです。
私は過去の日本が中国や香港を侵略して苦しめたことを認めますし、それは反省するべきことだと思いますが、それはそれとしてやはり今の中国政府の政策には反対です。


むしろそういう国家と個人、過去と現在を一体化させる態度こそ、自国に都合の悪い歴史を教えることを「自虐」と呼んで反対したり、ある国の人が悪いことをしたら同じ国民(民族)を一括して劣等民族扱いする態度と表裏一体だと言うべきでしょう。

まぁ今でも戦前の日本の体制を支持している人ならそういう論法も当てはまるのかも知れませんが、私は戦後の日本を支持していますし、戦後の体制は法的にはリベラルで個人主義なので、昔の日本だろうと現在の中国だろうと構わず批判します。


日本を含む世界は民主主義の価値を擁護し、中国の権威主義拡大を防ぐべきだと訴える羅冠聡氏のインタビュー記事。(2020年8月4日)なお、ここでは民主派リーダーと呼ばれていますが、民主派には決まったリーダーはいないと言われているのでこれは不正確な書き方だと思います。
www.news24.jp